セレンディピティ システム【Think Different】

自由な時間 自由な人生 を手に入れるために

こんな昔話を書いてみました

563 views
約 1 分

皆さんこんにちは(^^)

本日は、以前書いて好評を得ていました「昔話」を改めて公開したいと思います!

 

コルクさん昔話
(原作・コルクさん)

 

昔、昔、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。

おじいさんと、おばあさんは、もういい年になる娘を早く嫁にやりたいと考えておりました。

ところが娘は素直に聞きません。

「どうしてお嫁に行かなければ幸せになれないの?」

と、いつもこんな調子で話は進みません。

「幸せ」というものに疑問を持っていた娘は、ある日「幸せ」を探す旅に出かけました。

何日も何日も歩く間に、今自分がどこにいるのかも分からなくなってしまった娘は、山奥へと迷い込んでしまいました。

お腹が空いて座り込んでいると…

 

「どうしたんですか?」

と声をかけられました。

 

驚いて顔をあげると、そこには自分と同じくらいの歳の女性が立っていました。

娘はその女性を見て驚きました。

とても穏やかな表情で、全身が透き通っているかのような印象で、とても「幸せ」なオーラをまとっているようでした。

 

「ちょっと道に迷ってしまって…」と娘がいうと、

「私たちの村へ来ませんか?」と女性に誘われました。

女性の後について行くと、歩いて5分ほどで小さな村に着きました。

 

その女性の家に招かれ、空腹を満たす事ができた娘は、旅の疲れも手伝って、いつの間にか眠ってしまいました。

 

翌朝まで眠っていた娘は、とても清々しい気持ちで目覚めました。

その女性の家の雰囲気なのか…、

その村の空気感なのか…

こんなに気持ちのいい目覚めは初めてでした。

娘はその女性の家にしばらく滞在させてもらうことになりました。

 

その村の住人は、皆が幸せそうで、とても親切で、優しく、共に協力しあい、老若男女とても楽しそうに生きていました。

 

そして娘は女性に聞きました。

「この村の人たちは、どうしてこんなに幸せなんですか?」と。

 

女性は答えました。

「幸せ…?ってなんですか…?」

 

幸せに生きる事が当然、当たり前で、「幸せ」というものが特別なものでは無いこの村には「幸せ」という言葉すら…無かったのでした。

 

めでたし。めでたし。…『完』

 

冒頭に触れましたが、辞書での「幸せ」の定義を、わたくしコルクさん流にアレンジしてみました。

「幸せ」とは現状に満足して、上も下もない状態である。 

by コルク

 

PS これを読んで何を感じましたか?

よかったらポッドキャストで教えてください。

 

 

About The Author

Think Different 【シンク ディファレント】代表コルク
様々な経験からマインドコントロールから抜け出すことにより、
現実化やワンネスを体験し、「思い通りの人生を作る仕組み」を見つけ出した事で人生観が劇的に変わる

数々の相談を受ける際、エネルギーの使い方を教えていく事で
「思い通りの人生を作る仕組み」を知りたいとの要望から
セミナーなどを開催していた。

2017年より本格的に活動

誰にでも理解できるよう、簡単に楽しく行えることを最も大切にしている。
Follow :

コメントを残す

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Feedly