セレンディピティ システム【Think Different】

人生・自分をコントロールする

セレンディピティ システムとは

2584 views
約 7 分

リアルクリエイト

サイトが新しくなりました。

 

新サイトはこちら

リアルクリエイ

記事、ポッドキャストは3月6日以降

新しい「リアルクリエイト」にて公開しています。

変革の時期、Think Differentもどんどん変革してまいります!

『セレンディピティ システム』とは、あなたの作る望みへと自動で連れて行ってくれる「システム」です。


これは宇宙の法則とも言われたり、自然の法則とも言われています。


または、「人生・現実はあなたが作っている」とも言われています。


 


この「システム」がわかって来ると、本当に人生と自分とが同じものだとわかります。


「人生は自分が作っていた」


「”人生”と”私”は全く同じものだった」


 


この「システム」は「類はともを呼ぶ」とも似ています。


自分と同じものを好むのです。


同じものが集まってきます。


それは物であれ人であれ同じです。


 


そして、「朱に交われば赤くなる」


と言われている通り、強制的に入らされる場所で、同じ”類”ではないから窮屈なはずなのに・・・


いつの間にか”同じ”ようになっていく。


学校のクラスや会社


もっと大きく捉えると、国民性・県民性・市民性・・などがあげられます。


ペットも飼い主に似てきますよね?


 


これらも一見矛盾しているように見えて「システム」通りに動いています。


が、


ほとんどの人は気づいていません。


「言われた事を無条件に信じている」だけだからです。


その証拠がこの「システム」を見つけられていないからです。


見つけられていれば、すでに「幸せ」に生きています。


全体のたった5%しか気づいていない事です。


 


なぜ気づけないのでしょう?


それは、あなたの中に隠されているものだからです。


ほとんどの人は、自分の中ではなく、外の物質やスキル・能力に頼ろうとします。


ですが、セレンディピティシステムは物質もスキルも能力も必要ないんです。


”あなた”の中にすでにあるものだからです。


”あなた”の中にあるものを変革していくのが「セレンディピティシステム」です


 


この世は真逆と聞いたことはありませんか?


これは生き方が真逆なんです。


今までの生き方では、苦悩・苦痛・悩みからは一生逃れられません。


なぜならば・・・・


あなた自身が苦痛・苦悩・悩みを生み出す生き方をしているからです。


その生き方を教えられているのが、現代社会の常識でほとんどの人が行なっている生き方です。


 


苦悩・苦痛・悩みを生み出す生き方を何十年してきましたか?


そして、これからもその生き方を続けますか?


 


社会通念、社会常識のなかった時はあなたにもあります。


「赤ちゃん」から記憶がない間です。


不安も恐怖もない。とても安心で生きることが楽しい時でしたが、あなたにはその記憶はありません。


そのままの生き方を続けていければよかったのですが、社会の常識はそれを許してもらえず、


様々な事を教えられ、苦痛の生き方へと変わって行ったのです。


 


人はよく



  • 昔に戻りたい

  • 人生をやり直したい

  • あの頃に戻りたい


という思いが出てきます。


それは、セレンディピティシステムでまだ生きていた所です。


ですが、私の体験上、セレンディピティシステムで生きるようになって思うことは


2度と過去に戻りたいと思わないし、戻りたくないということです。


なぜならば、戻りたいと思っていた所よりもはるかにセレンディピティシステムで生きている今の方が充実しているからです。


戻る方がデメリットが多いんです。


いえ、私にとってはデメリットしかありません。


 


セレンディピティシステムは


望むものに自分が”なる”ことによって、人生に現れてくる事柄をこなしていけば、自然とそこにたどり着く


人生の地図のナビを自分の中に見つける能力です。


 


あなたが望むものはなんですか?



  • お金

  • 異性

  • 人脈

  • 生活

  • 健康


大きく分けるとこの辺りでしょうか?


今のあなたが手に入れられるものは、今のあなたが持っているものです。


あなた=あなたの持っているもの


だからです。


あなたそのものが変われば、あなたの周りも変わります。


周りから見ても十分すぎる人たちが、まだ求めているのはこの世は数値ではなく、割合だからです。


数値は変化していても、割合は変化していません。


これが事実を見れなくなっている一つの原因でもあります。


例えば・・・


側から見ると十分すぎるぐらいお金を持っているのに、分け与えるどころかまだお金が欲しいのは


入ってくるお金は増えていますが、出ていくお金も増えています。


割合が変わらないのです。


最悪なのは、持てば持つほど出すことが惜しくなることです。


満たされれば満たされるほど根本の「自分」というものが出てきます。


 


会社でも、役職に着いた途端に急に偉そうにする人や、


周りに自分の嫌な仕事をさせ、仕事をしなくなる人


というのも、人が変わったのではなく、強く強調されただけです。

(安心ができる場所では、それが謙虚に出ています。自宅とか・・)


 


ようは、「本性」が出てきたのです。


 


この「本性」というのは、満たされることによって出てきたり、安心・安泰で出てきたり・・・


無意識の所である、寝ている時、認知症・意識がない時


というのも出てきます。理性が働かないときですね。

年を取れば、年々理性の力が弱まってきます。


あなたの本性は・・・・どんなものが出てくるのでしょうか?


 


この本性を知ることが「システム」を知ることと同じなんです。


あなた=あなたの人生=あなたの本性


本性が変わらないと、人生もうまく廻りませんよね!


 


さて、あなたの本性と人生は同じです。


あなたが悩み・苦しんでいる・・・となると


あなたの本性は???


それを生み出しているのはあなた自身です。


 


この世界は宇宙も自然も何もかもが「無」


「無」の中からあなた自身があなたの思っている事を生み出しているんです。


あなた自身が原因です。


原因があなたでプロセスがあなたで結果があなた


 


この世界は全て自己責任です。


人のせいにしている間は、このセレンディピティシステムも理解はできません。


 


上記の説明を理解すると、システムもあなた自身の中に発見し、理解できるようになります。


 


ですが、このセレンディピティシステムというエネルギーの世界の説明はとても難しいものです。


ほとんどの人が「自分の思考・定義」中心で捉えてしまい、都合の良いように解釈して結果


「自分が変わらない」ための努力を苦痛を生み出してしてしまっているからです。


それが現在のスピリチュアルや宗教、自己啓発などです。


物を使ったり、思い込みでどうにかしようとしたり、空想の産物を使ってみたり・・・


そして、何も変わっていないという結果です。


 


多くの人が間違ってしまっているので、苦痛や苦悩・悩みの中で行ない

「変わらない努力」をずっとしています。


 


私たちは、「変わらない努力」をしてもらうために「システム」を説明しているわけではありません。


本当に理解して「システム」を使ってもらうためにお伝えしています。


 


とてもシンプルな「システム」ですが、社会常識に慣らされてしまっている私たちはどうしても


「自分の都合の良いように解釈してしまうロボット」になってしまいました。


 




「全ては逆から成り立っている」


これがシステムです。


どう説明しようとも、何を言おうとも、現在の思考で捉えてしまいスピリチュアルや宗教自己啓発と捉えてしまいます。


みている視点を変えずに読むからです。


この見ている視点を変える方法が「セレンディピティシステム」です。


ロボット思考が知りたいと思いもしないもの。質問すらも出ないものです。


 


自然に得られるには、人間性をあげる・器を大きくする・本性


というものをあげる事です。


あなた自身、自分の人間性だけをあげる事にコミットできますか?


 


その事によって、引き寄せ現実化は副産物として簡単に手に入ります。


人間性をあげるのはエゴがないからです。


視点が自分の中に集中するので、自分の中の世界に一体何があるのか?が分かります。


あなたの中にある世界と一緒に生きる事です。


それは、悩みなく、全てが手に入る世界です。


About The Author

Think Different 【シンク ディファレント】代表コルク
様々な経験からマインドコントロールから抜け出すことにより、
現実化やワンネスを体験し、「思い通りの人生を作る仕組み」を見つけ出した事で人生観が劇的に変わる

数々の相談を受ける際、エネルギーの使い方を教えていく事で
「思い通りの人生を作る仕組み」を知りたいとの要望から
セミナーなどを開催していた。

2017年より本格的に活動

誰にでも理解できるよう、簡単に楽しく行えることを最も大切にしている。
Follow :

コメントを残す

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Feedly