セレンディピティ システム【Think Different】

自由な時間 自由な人生 を手に入れるために

感情って何? 感情で自分を決めていると大変なことになります

199 views
約 1 分

From:新城有希子

多くの人は感情で自分や人生を決めています。

自分の好きなものや指針、信念までも感情によって左右されていますが、

感情は自分ではなく、自分から外れた状態!

と言ったらどう思いますか?

 実際、感情というものを紐解いていくと

自分の中にエネルギーも心もない状態

ということがわかりますが、少し難しいですね。

これから少し説明していきます。

 

感情を持って無の体験をした時

私の本当に体験した例でお話ししていきます。

私が無の世界に入った時の話です。

1度目の「無」の体験時は私自身「無」の情報も何もない状態でした。

もちろん、巷での情報はありましたが、全く違うものでした。なので「無」ともわからず

只々「怖い」

という感情だけが湧き起こりました。

私の中に情報がなかったので「無」の世界が「怖い」と感じてしまったのです。

その無の状態は3日間以上続き、そこから早く出たいという感情のみの日々でした。

 

ある時その体験を知人に話し、知人からそれが「無」だよ と教えられた時、

私は「あれが無なんだ」とあっさりと受け入れ、

2度とあの状態にはなりたくない!と思っていた気持ちは・・・「もう一度体験したい」に変わっていたのです。

人間とは・・・ロボット思考とはこんなものなんです。

情報によってコロっと変わるもので当てにはなりません。

 

2度目の体験では、とっても気分が良い時に起こりました。

この世界は無なんだ!だから自分で勝手に「有」にしちゃえば良い! 全ては自分次第!!

と意気揚々に気持ちを高ぶらせていました。

 

3度目は、気分が落ち込んでいる時に起こって

この世界は無だ・・・何もない・・・何もないからどうでもいい・・

と人生に落胆していたのです。

 

この3つはどれも「無」そして、どれもロボット思考です。

全て自分の「気・エネルギー」「情報」次第で全ての捉え方が変わるという事で、後から説明しますが事実をみて・生きていない状態です。

これら全て感情で頭の中で生きていて、どこにも根拠など存在していない妄想の世界を生きています。

 

情報とエネルギーの上下で変わってしまうのがロボット思考

 

ロボット思考は情報によって生きています。

情報に頼った生き方です。

今まで教えられたことを記憶し、頼りにして・・というより指針にして様々な事を判断しています。

先に情報がないと動けません。情報がないと「不安・恐怖」になります。

  • すぐに聞く
  • マニュアルがないと出来ない
  • 教えられた事、言われた事しかできない
  • 習わないと何もできない

これは現代のしつけ・教育のなせる技

危険なものは大人が排除し、危ない事はさせない

テレビばかりを見せ、言語・情報を司る脳的には表層の「大脳皮質」を人間社会が作り上げた情報で埋め尽くし、社会の情報で動くように練習しています。

内側の世界の情報を入れないようにしているのがロボット思考の教育です。

 

ロボット思考とコスミック思考では脳の使っている場所が違う

大脳新皮質は高等動物のみにあり、人間は発達し大きくなっています。

この場所は、記憶・情報を司っていて、外側の世界の情報です。

この脳だけを使って生きていると、外側の世界の情報でしか生きられず、

内側の世界の情報、内側の世界で何が起こっているのかを知ろうとしません。

しかも、ロボット思考が使う脳の部分は常に判断を求める場所で、意味づけ・情報からの感情を持たせてしまいます。

YES・NOというジャッジ・判断を行えるのがこの脳だからです。

本来の使い方は違います。

 

ですから、ロボット思考であり続ける間は、何をしようが外側の世界に惑わされる生き方なのです。

 

ロボット思考は違う脳の使い方をしているので、問題の解決が出来ず脳がスッキリとしません。

なので、脳がスッキリしようとして、感情で頭をスッキリさせてしまい、それ以上は動かなくなり

「知った気になる」

という、空想・妄想の世界を生きています。

要は、脳が落ち着けばいいのがロボット思考です。

何も解決しなくても、動けなくても、スッキリ感が大切で、感情の中で生きています。

しかも、状況は何も変わっていないのに!です。

 

この脳ばかりに頼って生きているので、嘘・言い訳というのも簡単に出来てしまいます。

詳しくはこちらの記事 自分に嘘をつくって勘違いしていませんか?引き寄せができない理由

 

コスミック思考は他の脳を使った生き方で、情報より事実を見ている生き方です。

 

実際、事実・肉体・エネルギーという内側の世界を見て生きていると、この世界の事は人間に聞くより確かなものを教えてくれています。

脳の使い方が違うので、情報ではなく事実を教えてくれます。

 

よく思考を止めると言いますが、脳の使い方が今までと同じであれば、外側の世界の情報が渦巻き思考は止まりません。

瞑想が出来ない人はこの脳の使い方が外側の世界での使い方になっているので、ロボット思考のまま瞑想をいくら行っても出来ません。

 

結局何をしていても「しているつもり」からは抜けられません。

 

 

「無」の世界をコスミック思考だったらどう感じるか?

コスミック思考は感情ではなく感動で、ありのままを見る世界です。

感情は 「感じた情」で、意味づけでロボット思考です。

上の3つとも意味づけで全て変わってしまっていますよね。

私自身が「無」の状態の時に自分の頭の中にある情報で意味づけをしています。

頭で考えて感じているものが「感情」でロボット思考にしかありません。

 

コスミック思考は、感動

「感じている通りに動く」 です。

頭の中の情報発信によって動くものではなく、体・心からの本当に感じている事であり自分の中を見始めないと分からないものです。(内側の世界を生きる事で出てくるもの)

ロボット思考を辞めた時にわかるものです。

ここでお伝えした所で知った気になるだけで、本当の意味が理解できず習得はとても難しくなります。

 

「無」の世界をありのままコスミック思考で感じていたのならば、

それこそ心が動かず静寂です。

例えていうならば無味無臭

ゼロなんです。

 

そして、そこに感想という意味づけ・感情を入れた瞬間にその無からは出てしまいます。

ロボット思考の使い方に戻るからです。

 

全ては捉え方。視点です。根本が全く違います。

エネルギーを主体とした生き方・考え方に変える事が土台です。

今までの情報をあてにしない

内側の情報を知り生きる事でしか変われません。

 

人間社会を生きるためには外側の世界の情報が必要になってきますが、もう十分にあるのではないですか?

それ以上外側の世界の情報を習得していては、一生ロボット思考で生きる事、変わらない努力をする事になります。

ロボット思考から抜け出さないための努力です。

 

外側の世界の情報は常に良い悪いのジャッジの世界です。

脳の使い方、内側の世界の情報の取り方を知らず

集合意識に合わせようと、自分という人間をあなた自身がロボット化しています。

あなた自身の意識が外側の世界にあり、内側の世界にないからです。

あなた自身に「気・エネルギー・心」がないロボットになっています。

 

現代は、

  • 他人と違えば弾かれてしまう
  • 他人と一緒じゃない事にストレスを感じてしまう

その事によって、マニュアルがあればとっても楽なのです。

何も考えなくてよく、覚えるだけでいいという簡単な作業が脳を疲労させず、スッキリとさせてしまい感情を満たしてしまうからです。

 

ですが、マニュアル通りに動く事にとてもストレスを感じてしまっている人もいます。

これは心の奥底の本当の自分が出たがっているからです。

内側の世界を生きて欲しいとあなたに訴えかけているのです。

気づいて!と言っている身体

内側の世界はあなたという意識と肉体とエネルギーです。

 

あなたという意識が外側の世界に向いて、外側の世界を生きているのか

意識が内側に向いていて、自分の体とともに生きているかです。

 

体は内側の世界をずっと教えてくれています。

あなたとともに本当に生きたいと訴えているのです。

内側の世界がもう無視しないで!という訴えが聞こえませんか?

病気だったり、ストレスだったり・・・この世界への疑問だったり

いつまで、内側からの世界からの警告を無視し続けますか?

 

少し、ニュースやメディアや情報から離れて冷静になってみて下さい。

あなた自身の考える力を奪われて、情報の言いなりになっていることに気づきますよ。

 

ー新城有希子

About The Author

Soul Design 心羽 代表YUKI
2006年よりSoul Design 心羽で透視ヒーリングを主に活動

エネルギーの世界で生きる事により
独学で「宇宙法則」を見つけ「無」から自分と繋がり「ワンネス」へと向かう

独学で見つけた事により、この世界は科学で不思議系のスピリチュアル・自己啓発などは最も自分から離れ、幸せになれない事が分かり
透視ヒーリング・占いなどを一切やめ、2008年よりスクールを開講


活動は金沢のみだか
海外・県外からも問い合わせがあり、スクールを習いに来ている


主に、「自分とつながること」を教え
「無」「ワンネス」の世界を教えている

コメントを残す

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Feedly